宝塚現代美術てん・てんにWS作品が展示されました!

今日は嬉しいお知らせです♪

今年の7月に宝塚ミライキャンパス主催のワークショップで描いた絵が、『第10回宝塚現代美術てん・てん2021』に展示されています。

DSC_0251

「宝塚現代美術てん・てん」
は、ワークショップで講師を務めてくださった大野良平さんが実行委員長をつとめられている企画。

宝塚にゆかりのある、また阪神間で活躍中の現代美術作家54人による宝塚のまちを舞台とする美術展で、今年で10回目を迎えます。美術館やギャラリーを飛び出し、まち全体がアートの展示空間となっています。

【開催期間】11月1日(月)〜11月7日(日)

【場所】ソリオ1、宝塚自転車駐車場(外壁)、文化芸術センター、宝塚文化創造館、駅前ロータリー公園(阪急宝塚南口駅)、花屋つくし(武庫川町3-8)、カフェ K-LEWIS(南口1丁目)、友金アパート(湯本町11-3)
https://kanko-takarazuka.jp/trad/event/detail.php?id=18

宝塚ミライキャンパスのワークショップで描いたのは
「10mの大きな川」

2歳〜小学校5年生の子どもたちと保護者の方と一緒に、思い思いの色を筆にのせ、大きな布いっぱいに描きました。

初めて絵の具を触りました、という2歳の子どもさんもおられ、目をキラキラしながら絵の具遊びを楽しんでくれていました。

10mの布の中に、参加してくださったおとな子どもの楽しいがつまった作品です

宝塚文化創造館のホールでライトアップされ、より素敵な作品になって飾られていますよ。

DSC_0252

展示期間中にぜひ見に行かれてみてくださいね。

●展示場所
宝塚市文化創造館(ニトリ、ユニクロの南側/さくら橋公園隣接)

アクセスhttps://takarazuka-c.jp/bsk/access.html 
※30分無料コインパーキングあり